IMP詳細

WHAT IS IMP?

利用サロン累計.972社 受講生.2898人

IMP研修では、専門学校と協力して行うIMS授業の講師となる人材の育成・教育を行い、
次世代への美容界の魅力の伝承・推進を目的としております。
また、当研修を受講することで「美容界に携わることの魅力ややりがい」などの価値観の再認識を通して講師個人の成長を促す場としてもご活用いただいております。

Our aim is to

お客様・スタッフ・学生から愛される
サロンワーカーの輩出

言動にその人らしさと自信が表れ、その人の魅力がより周囲に伝わり、言葉に説得力が宿るサロンワーカーを目指します。 お客様への提案力やカウンセリング力が向上するだけでなく、社内で周囲の人を巻き込む力、よい影響を与え、人を動かしていくスキルが上がります。結果、仕事に意欲的に向き合える、充実した職業人生を歩める力を自分に身に着けていくことになります。

愛される共感力プレゼンを身につける。
IMP研修の特徴

Feature point

研修の特徴
座学と体験
実戦の場を数多く提供
受講いただく方には必ず成果を出していただきたい。それが私たちの想いです。そのため、講習会場で学ぶだけで終わらせずに、学生の前で発表する機会を設けるなど、随時アウトプットと同時に学んだことをしっかり身につけていただけるカリキュラムを提供しております。
自ら気づき、発見する
ワークショップスタイル
学んだことをすぐにアウトプットができるよう、IMP研修ではワークショップスタイルを採用しています。
受講生同士の関わりを通して、自分の考えや思考などの整理ができ、自信を持って人に伝えられるよになるための学習環境を提供致します。
サロンワークでのアウトプットの
報告とフィードバック
1日5時間×4回の講習だけではなく、次回の講習までに課される宿題も大きな学びの一つです。
宿題のプロセスを通じ、受講生だけでなく社内皆で取り組むことで、職場全体の相乗効果を目的にしております。
年齢・キャリア・経験に関係なく
交流し職業観を高める
美容業界の多くの企業から集まった、1年目の新人からベテランのマネジャーまで、様々なキャリアの方が集い、グループワークやディスカッションを重ねることで、他者の価値観に触れ、自身の職業観や価値観を見つめなおしていきます。

「できる」で終わらない。
職場で活きる自己研磨力が身につく。

Lesson

*1回5時間× 4回 約8ヶ月かけて学ぶ研修になります。

1st

職業観を高める

2nd

自分の強みの再発見

3rd

ハードルを越える

4th

発表会

共感プレゼン
共感プレゼントレーニングでは小手先の共感プレゼン表現を磨くのではなく、人に伝えたいこと、自分の考えはどんなものか、磨いていくことを大事にしています。
「想いは手法の上流にあり、思いなき手法は無力である」はまさに共感プレゼンも例外ではありません。トレーニング内容は、【原稿作成→グループ発表→メンバーや講師からのフィードバック】これらを毎回繰り返すことで、原稿を磨き、またメンバーの共感プレゼンを聞くことで、自己点検にもなります。
リーダーシップ
リーダーシップとは、どうしたら、自分やグループがよくなるか、その場に応じ、考え行動することです。
年齢キャリア経験は関係ありません。リーダーシップはグループワークを体験する中で、またほかの受講生からのフィードバックを通して、自分の特徴や得手不得手に気づくことでも磨かれます。リーダーシップを磨く場面各ワークで自ら挙手し発表する、皆の前で共感プレゼンを披露する、グループワークのリーダーに立候補する、グループワークで最初の発言者になる、等を通して、どんなことがリーダーシップにつながるのか、体験を通して身に着けていきます。

職業として輝くサロンワーカーの育成で
業界の価値向上を目指して

Challenge

研修はたくさんの失敗を重ね、そこから日常に学びを持ち帰る場です。
研修でどんなにいい話を聞いても成長につながらないとしたらチャレンジ不足のときです。 そのため、小さくて構いません、たくさんのチャレンジを研修の中でしてほしいと考えています。 例えば、グループのリーダーをやってみる、手を挙げて発表してみる、
年上の受講生に共感プレゼンのアドバイスをする、誰よりも先に自分がやってみる。 何でも構いません、その中で自分を知り、自分の可動域を広げ、成長の機会としてご活用ください。

受講者様の声

Voice

ヒートサロン
田中太郎さん

情に棹させば流される。智に働けば角が立つ。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。とかくに人の世は住みにくい。意地を通せば窮屈だ。 とかくに人の世は住みにくい。を通せば窮屈だ。山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。

ヒートサロン
田中太郎さん

情に棹させば流される。智に働けば角が立つ。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。とかくに人の世は住みにくい。意地を通せば窮屈だ。 とかくに人の世は住みにくい。を通せば窮屈だ。山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。